プロバイダーの選び方

wimaxの速度について

公式では通信速度は下りで40メガ、上りで最大およそ15メガほどになっています。しかし実際に利用していくとそれ以上になる場所もありますので、立地条件などを把握しながら速度を見ていくといいでしょう。エリアも非常に幅広くなっていますので、wimaxを活用して通信速度が遅くなったというケースは少ないです。

多くのプロバイダで提供されているwimaxですが、紹介している広告などでそれぞれ通信速度が異なっていますので気をつけなければなりません。プロバイダによっては他の会社で提供している通信設備を活用することで通信サービスを提供しているところもありますので、事前に調べておくといいでしょう。しかしそれぞれのプロバイダで使用する回線は一緒になりますので、実際の速度に大きな差はありません

光ファイバーと速度について見ていくと、光ファイバーの圧倒的に速くなっています。ただインターネットなどを利用していく頻度が少ないという時にはwimaxでも十分対応することができます。動画などを閲覧するということがない人にとっては、速度がある程度遅くても不便さを感じることがありませんので、速度以外の部分でwimaxが優っていると思ったら選択してみてもいいでしょう

料金を見ていくと光ファイバーよりもwimaxの方が安くなっているということが多くなっていますので、比較をしていきながら判断していくことができます。単純に速度だけを見ていくのではなく、サービス内容や料金体系等をしっかりとチェックしていくことが重要になっていきます。

wimaxの速度を測定

通信速度を測定していく時にはプロバイダに依頼をしていくといいでしょう。通信速度は場所によって大きく異なっていきますので、事前に測定をしていくことによって不便さを感じることがないかをチェックしていくことができます。wimaxを開通していくまでみていくと、まず対応のスピードは各プロバイダで大きく異なっていきますので内容を把握しておかなければなりません。若干の差がありますが、対応が早いプロバイダになってくると端末を最短でその日のうちに提供してくれます。そして翌日には手元に届いているというケースもありますので、対応が早いかチェックしておくといいでしょう。しかしどこのプロバイダでも1週間程度でwimaxを利用できるように整えてくれます

プロバイダからwimaxに関する契約内容などを整備してもらった後で、本格的に利用していくことになりますが、基本的には高速通信が可能となっていますので、気軽に利用していくことができます。ただ電車では高速通信ができなくなってしまうことがあります。干渉などを受けやすくなってしまい、通信速度は大幅に下がってしまいます。これは実際に測定をしていった中でも計測された内容となりますので、wimaxを利用する際には気をつけなければなりません。

wimaxの速度が低下

速度が落ちてしまったと不安に感じる方もwimaxを利用している方の中で多いですが、古い回線を利用していると速度低下を如実に感じてしまうことでしょう。というのもwimaxは新回線としてwimax2+という回線が提供されています。この回線を利用すると速度低下を改善させていくことができます

旧回線として提供されていたwimaxが使っていた周波数帯域の一部が、wimax2+に割り当てられていくようになりました。結果としてwimaxが周波数帯域を減らしており、下りの最大速度が40Mbpsとなっているエリアでは順次、下りの最大速度が13.3Mbpsとなっているエリアに切り替わっている状況となっています。

旧回線ではこれまで13.3Mbpsで通信を行っている回線を3つ繋げていくことによって合計40Mbpsという通信速度を実現していました。しかしそのうち2つをwimax2+へと利用するため、速度が1回線分となる13.3Mbpsへと下がってしまうためです。いきなり通信速度が遅くなるため、速度低下を考えてしまうかもしれません。

しかしwimax2+へ移行することによって、通信速度が一気に改善されていくことでしょう。様々なメーカーで無料で機種変更のキャンペーンを実施していることがありますので、開催していれば早めに乗り換えていくといいでしょう。プランも各プロバイダーで豊富に揃っていますので、旧回線を利用しているユーザーは、無料の機種変更をしたり現在のプロバイダーを解約してから新たなプロバイダーで改めて申し込んでいくのもいいでしょう。時にはキャッシュバックを受けることもできます。

wimaxの速度は遅い?

下りで最大で40Mbps、そして上りは最大で15.4Mbpsとなっていますので、決してストレスを感じるスピードではありません。光回線ほどではありませんが、動画の閲覧などを行う時にはサクサクと見ていくことができるでしょう。lteと比較をすると速度は若干遅くなってしまいますが、lteは月々利用することができる使用量があらかじめ決まっていますので、超過すると速度制限を受けてしまいます。しかしwimaxは速度制限を受けることがありませんので、安心して通信することができるでしょう。月額料金が安いというのもポイントであり、使い放題だと月額で4000円前後で利用することができるというのも魅力的です。

速度が遅いと感じた時には複数台wimaxに同時に接続しているかチェックをしておくといいでしょう。端末1台用意しておくと、どの端末でも接続させていくことができます。最大で12台ほど接続することが可能となりますので、負荷が一つでもかかっていると遅くなっていることもあります。そして使えないエリアかどうかもチェックしておきましょう。全国で9割以上カバーしているwimaxですが、移動中などで使えなくなってしまうエリアに入ってしまうこともあります。そのためエリアはしっかりと事前にチェックをしておきましょう。

Wi-Fiルータについても充電が切れてしまうような状況にあると、wimaxの速度が遅くなってしまうことがあります。基本的には小型のwimax接続用のルーターを事前に利用しておき、電波を常にスムーズにキャッチできる状態にしておく必要があります。駆動時間は平均で10時間近くになりますので、充電が切れないように注意しましょう。マンションなどでも電波障害を受けることはほとんどありませんので、安心して利用することができるのもwimaxの特徴となっています。プロバイダが提供しているサービスの価格や内容をじっくりとチェックしていき、契約の判断材料としていきましょう。

wimaxの速度を上げる

速度を上げていく方法は色々とあります。自宅でも簡単に作り出すことができたり、場所を変更することで一段とwimaxのスピードがアップしていくことでしょう。まずはリフレクターを活用する方法ですが、これはwimaxの電波をアンテナとして強くさせていくアイテムとなります。これは購入するだけでなく、自作で作り出すことができます。金属性のものを利用して、wimaxのルーター周辺を囲っていきます。すると反射していきながら、円滑に電波の通信速度をアップさせていきます。

アイテムだけでなく場所を変更するだけでも速度を上げていくことができます。例えば窓際に置く方法です。これは室内でwimaxルーターを設置して使っていく時、電波が伝わりやすい窓際へ置くことで速度を上げていくことができます。wimaxの電波は直線的となっていますで、回りこんでいくことがほとんどありません。自宅でwimaxを利用する時、どうしても通信速度が上がらない時は窓側に置いていきましょう。また窓際に金属でできているリフレクターを併せてwimaxルーターと一緒に置くだけでも速度が上がるかもしれません。

大半のwimax端末はクレードル対応しています。これはwimax端末専用の充電台となっており、クレードルを活用すれば自宅のルーターのように利用可能となります。裏側を見ていくとEthernetポートというものが空いています。そこにLANケーブルを直接差し込んでいくと、ルーターとして十分に活用できるでしょう。これは有線通信となりますので、直接電波が届きやすくなります。速度も安定していきますので、速度も向上していきます。しかし端末単体以上に割高となってしまいます。

wimax速度の向上と改善

速度の改善は場所などが大きく影響します。速度を向上させるためには電波が受信しやすい環境へwimax本体を持っていったり、サービス対象であるエリアか確認してから契約を行いましょう。インターネットなどで事前に確認をしておかないで購入してしまうと、wimaxが全く使えないというケースも考えられますので事前に調べておく必要があります。

また、周辺に高層ビルなどの建造物がないかをチェックするのも大切です。電波が高層ビルやトンネルの中などで伝わりにくくなっています。サービスを提供しているエリアかどうかもチェックが必要ですが、事前に確認しておかなければ速度を向上させることができません。スマートフォンやタブレットを利用している時、回線をLTEなどにしていると混雑して通信が遅くなることがあります。時間帯を考慮していきながら使っていくことが必要となりますが、wimaxでは混雑が少なくなっています。速度を向上させる方法を見出しながら、wimaxを活用していきましょう

wimaxは自宅と基地局の方角であったり、マンションなどの位置関係について調べておきましょう。電波状況がその場所で大きく変わっていきますので、wimaxを最適な速度で利用できる場所を自宅の中でも探していくようにしましょう。自宅で理想的な速度に改善していくためには、部屋を色々と歩き回っていきながら電波状況が良いところを見つけていきましょう

wimaxの速度制限について

使いすぎてしまうことによって、wimaxは速度制限がかかってしまうことがあります。その理由として使い過ぎていくことによって、速度制限がかかってしまい通信速度が著しく遅くなっている状態となってしまいます。プランは色々とありますが、決して無制限に利用できるということでは決してありません。大半のプランで数ギガまでという速度制限が設定されています。最大でも10ギガ程度となっていますが、これは高画質の動画などを視聴していると、あっという間に達してしまうので注意しなければなりません

速度制限が利用中にかからないようにするためには、様々なポイントがあります。まず契約をしている現在の通信量をしっかりと把握しておきましょう。そして日々の中で抑えて利用していくことが重要です。使用量についてリアルタイムで見る機能はあまりありませんが、簡易的な通信用のカウンターがついている機種もありますので調べておくといいでしょう。次にHWD15という機種を利用していくと、ノーリミットモードというモードを利用することができます。3日間は3ギガの通信制限が一切かかりませんので、wimaxを利用しやすくなるでしょう。

最後にwimaxと固定回線を併用していくパターンが有ります。これは毎日スマートフォンなどでインターネットを利用しているというヘビーユーザーの方にお勧めです。外で利用する時はwimaxを利用していきますが、室内は固定回線として光回線など使っていくようにする方法です。すぐに大容量のデータを使ってしまうという方は、抑えていくためにも必須の方法と言えるでしょう。

wimaxの速度を他の通信と比較

wimaxの通信速度についてみていくと、光通信であったりlteと比較すると遅くなっていると感じてしまうことがあります。しかし着実にwimaxでは通信を行っていくことができるようになっていますので、wimaxを利用しながら安心しつつインターネットやメール送信などに活用していくことができます。

一般的な提供されているwimaxの通信速度をみていくと、上りと下りいずれも快適なスピードと言えるでしょう。下りだと最大で40Mbpsほど、上りであれば最大で15.4Mbpsになります。実効速度についてチェックをすると、一般的には速度が5Mbpsから10Mbps程になりますが、wimaxを利用する環境がいい場所だと、およそ20Mbps前後で通信を行っていくことができます。そしてwimaxではプロバイダーにより通信していく速度について異なっていくという点はありません。

wimaxを提供しているプロバイダー全てが一つの通信業者を利用しているという点にあります。MVNOという、仮想移動体通信事業者で自社が通信設備を一切持っていない形になっています。他の会社が提供している通信設備によって、wimaxは通信サービスの提供を行っていますので、常に通信スピードは落ち着いているといえるでしょう。これはlteや光通信とは異なる点と言えるでしょう。

wimaxはいずれのプロバイダーと契約を行っても回線が結局同じとなるので、一定した通信になることでしょう。そこで他の通信形式と比較をしていくと、やはり光通信の速度が圧倒的にwimax以上と言えるでしょう。しかしインターネットなどをあまり使わないというケースであれば、wimaxが快適となるかもしれません。閲覧などについても支障なくwimaxは伝わっていきますので、問題なく活用していくことができるでしょう。

帯域制限に関してもwimaxは一切ありませんので、多少の大容量でも問題ありません。快適にインターネットを楽しんでいくことができるでしょう。wimaxの料金体系をみていくと、各通信会社で手頃な値段で提供しているといえるでしょう。各プロバイダーに契約をしていかなければならない光通信やlteと比較をしていっても、通信会社への契約についても複雑でないという点もwimaxは受けています。接続するエリアも以前に比べて拡大されており、光通信やlteと比べても差はほとんどありません。通信を楽しみながらwimaxを活用していきましょう。


WiMAXのトップページ