プロバイダーの選び方

WiMAXとは

通信手段の一種であり、最近ではwimax2+という形で提供されることが多くなってきました次世代のブロードバンド通信ということで高速通信を実現していますが、通信制限もほとんどなく活用することができます。各プロバイダより提供されていますので、lteなどと比較をしながら決めているという方も少なくありません。

メリットとしては家庭でも外出してもwimaxを利用できるという点です。通信用の機器を見ていくと非常に小さくなっており、操作も簡単でスマートフォンやタブレットへ接続する際に苦労することがないでしょう。光回線など固定回線を利用するとなると、家へ光ファイバー専用のケーブルを引かなければならず、回線を引き終えたところでインターネットを行えるようになります。時間もかかりますし、工事費用などもかかってしまいます

しかしwimaxは無線でも十分通信ができるようになっていますので、電波が届くエリアであれば、どこにいてもwimaxを利用できるようになります。エリアも広がっていますので、ほとんどのところでwimaxを利用することができますので、重要な場面での高速通信を実現します。

料金も意外と安くなっています。月額料金でも定額プランだったり2段階で提供される定額プラン、そして1日だけ利用していくプランとプロバイダによって大きく変わっていきます。金額については年間契約では月額でおよそ3000円程度、年間契約となると月額料金に割っていくと3800円前後になっていることが多いです。そして割引やキャッシュバックのキャンペーンも行われることが多いため、wimaxを利用する人が徐々に増えてきています。

そんな中でデメリットもありますので、内容を把握しておかなければなりません。まず場所によっては全く繋がらなくなったり、十分なスピードを発揮することができません。地下であったり、ビルなどのコンクリートに囲まれている建物になってくると電波の悪くなっていきます。そしてwimax通信を実現していくために必要な機器を揃えていかなければなりません。機器は色々とあり、使用用途によって選別を行っていく必要があります。ルーターなどをレンタルしてもらうケースも出てきますので、契約内容などをしっかりと把握しておいてください。ルーターだけでなく通信用のカード、さらには内蔵型もありますのでインストールされているかスマートフォンやタブレットについて理解しておくことも必要でしょう。

wimax2

wimax2は従来のwimax以上に通信スピードやサービス体制が向上している通信手段になります。最近ではWiMAX2+という形で提供する通信会社が増えてきており、価格も手頃になっているサービスが増えてきています。このwimax2について見ていくと、様々なメリットとデメリットがありますので利用する際には把握していく必要があります。

まずのメリットを見ていくと、wimax以上に高速通信が可能となっています。送受信に関してはwimax以上のスピードがありますので、快適に活用していくことができます。オンラインストレージを活用していたり、写真や動画の送受信を行いたいという時には、wimax2の方が圧倒的に高速通信が可能となっています。料金についてもwimaxのサービスと同額もしくはそれ以下となっていますので、経済的にもなっていきます。wimax2に対応していないエリアになると通信速度を自動的に下げて提供していけるようになっていますので、安心して利用することができます。

その一方でデメリットも生じてきます。まず通信速度が著しく下がったり、つながりにくいエリアが未だに多いという点です。電車などでは通信速度が極端に遅くなってしまうことがあり、高速移動を行う際には電波の切り替えに対して対応することができないという弱点も秘めています。新幹線などの高速移動を行っている際には不便さを感じてしまうかもしれません。そして多くの通信会社では春頃から本格的にwimax2に対して通信制限をかけるサービスが増えていきます。契約をする時には内容をしっかりとチェックしてから利用しましょう。

wimaxを比較

他の通信形態と比較をしていくと、wimaxは通信スピードなど安定していると言えるでしょう。光通信などと比較をしても、wimaxは安定していますので活用する価値は十分にあります。通信会社から様々な通信形態が提供されていますが、wimaxが適している利用方法があります。

まず高画質の動画など大容量のデータを常に活用していないという時は、wimaxの方がいいでしょう。光通信などと比較してもスピードは落ちていますが、安定性は高くなっています。そのためビデオチャットのような大容量かつリアルタイムで通信される内容には向いていません。オンラインゲームでも同様です。

そんな中で近年wimax2+が提供されてきています。wimax2+の安定性をみていくと、電波を利用しながら通信を行っていきますので、電波の入り具合が影響していきます。するとwimax2+は安定しなくなってしまうことがあります。基地局についてもwimax2+は広範囲で設置していないため、通信スピードはwimaxと比較すると遅くなってしまうかもしれません。そんな中で以前からwimaxというのは室内に弱いという弱点が指摘されていました。もしかしたらwimax2+になって改善されたと思う人もいることでしょう。しかしwimax2+はほとんど室内でのスピードはwimaxと変わりません。工夫しながら活用していかなければなりません。

ただwimax2+はwimaxへの切り替えも行えますので、接続する際にwimax2+が対応していないエリアでもwimaxへ切り替えて通信を行えるようになっています。自動的に通信が途切れたと検知して、素早く切り替わっていきます。安定した通信をwimaxで少しでも望みたい時には、wimax2+がいいのかもしれません。

wimaxの価格

価格帯だけでなく、wimaxの初期費用もチェックしておかなければなりません。時にwimaxを契約していこうとなると、予想以上にかかってしまうこともあります。そのためホームページやパンフレットなどで情報を仕入れておくことも重要になっていきます。

wimaxは光回線と比較をしていくと、価格帯はどのようになっているか見ていきます。初期費用を比較していくと、wimaxでかかってしまう初期費用というのは登録手数料やwimaxに対応している機器購入の代金があります。登録手数料というのは、wimaxの契約を行う時に発生する手数料のことで、平均して3000円ほどかかります。なおwimaxのキャンペーンを実施している時には、時折登録手数料が無料となるケースも有りますので、タイミングを確認しておきましょう。

そしてwimaxに対応している機器の購入代金についてみていくと、wimaxによる通信を行うために必要な機器を購入していく際に使用するお金となります。wimaxが内蔵されているパソコンであったり、スマートフォンやタブレットなどを必要としますが、すでに持っているというのであれば、こちらの費用はかかりません。価格帯はメーカーによって分かれていますので、事前に調べておくといいでしょう。

なお購入していくよりも、レンタルが割安になるケースもあります。購入を行っていく時にはプロバイダからとなりますが、価格を少しでもキャンペーン中に安くしていくことができます。契約と一緒に購入をしていくと、少し安く対応してもらうこともできるでしょう。大幅な値下げも行われていますので、時には0円であったり1円になるケースもあります。

wimaxキャンペーン

家電量販店などでwimaxのキャンペーンを実施していることがありますので、通信サービスなどをチェックしていきながら利用するか判断をしていきましょう。時にはwimaxのキャンペーンが逆効果に働いてしまうこともありますので、損をしてしまうケースも出てきてしまいます。

wimaxは非常に安くなる通信サービスでもあります。各プロバイダでは値下げキャンペーンを実施していることもあり、wimaxを手軽に使っていくことができます。月額料金について安くなっていくwimaxのキャンペーンが期間限定で行われていることもあります。また安い状態からさらに値下げしていくwimaxのキャンペーンも行われていることがあり、およそ1000円以上月額が安くなっていくことがあります。年間経費で考えていくと、3万円近く安くwimaxを利用していくことができるでしょう。キャンペーンは終了日を告知しないで終わってしまうことがあります。それはwimaxの加入者が増えていることでもあり、どうしてもwimaxを利用したい時には早めに応募するのがポイントとなっていきます。

キャンペーンは他にもキャッシュバックを行うことができるキャンペーンであったり、タブレットとして人気を集めているNexus7であったり、iPadなどをもらうことができるキャンペーンもあります。キャッシュバックだけでなく、商品券や楽天スーパーポイントなどをもらうことができるwimaxのキャンペーンもありますので、内容をしっかりと把握しておいてください。

ポイントなどを手に入れることができるキャンペーンというのは、最高で1万ポイント近くもらうことができるものが多くなっています。またwimaxの月額料金についても、数ヶ月間無料で使うことができる点が魅力的となっています。しかしwimaxを最低年数利用していかなければ、違約金が発生してしまうこともありますので、キャンペーン内容を把握して申し込んでいくことが重要となっていきます。

wimaxを解約する際の機器

契約を解約してwimax機器を返還する必要もありますので、解約時には機器の取り扱いについてスタッフの方から聞いておくようにしましょう。一回wimaxを解約した時、どうしても手元にこれまで使っていた機器が残ってしまうものです。実のところ契約者に所有権がありますので、返却を行う必要がないのです。自由に使うことができますが、端末機器について有効に活用していくことができないか考えたところで、どうしても限定的な内容しかありませんので、全く利用しない時には返却をするのが懸命です。

回線自体は異なっているという点がありませんので、wimaxの端末機器について別の通信会社へ持ち込むことで、新規に契約を行っていくことも可能と思われるでしょう。しかし契約しているwimaxの端末機器によって不可能なこともありますので、事前に情報を仕入れておきましょう

スマートフォンやタブレットのようにwimaxの端末機器においても、SIMロックといった機能が存在しています。一部のプロバイダ以外は契約後のプロバイダのみwimax機器について利用することができないということになっています。近年スマートフォンやタブレットなどにおいてSIMロックの解除が総務省より推奨されています。手数料などを支払うこともありますので、解約時などで気をつけなければなりません。

多くのプロバイダーでは解約後は利用することができないため、契約を打ち切ることによって利用できないということがあります。解約後の機器について中古品として売りに出したり、オークションへ出して現金化を行うことができないという点もあります。何も知らずに進めてしまうと、契約先から違反していると警告を出されてしまうかもしれません。

wimax 解約金

基本的にはwimaxの契約期間は2年となっていますので、契約内容をじっくりと確認しておきましょう。時には想定外の解約金が発生してしまうことがありますので、契約時には細心の注意を払っていきながら進めていきましょう。

wimaxの料金で注意すべきポイントとなってくる解約金についてですが、幾つか気をつけておかないといけないことがあります。まず解約については、契約者本人が必ず連絡をしていくようにしましょう。そして一度解約に関する申し込みを行ってしまうと、解約について取り消しをすることはできません。そして契約更新をした月でなかった時には解約金がかかってきます。また解約のタイミングによって金額が変化していきますので、内容を確認しておきましょう。

平均して1年未満で1万円前後、1年以上2年未満だと5000円から1万円未満となっています。解約方法を工夫すればwimaxの解約金を減らしていくことができますが、まず更新をする月というのは解約金がかからないようになっているケースがあります。カレンダーなどに内容を記録しておいて、通知がやってくるように設定しておきましょう。そしてその月に、必ず忘れないで解約をしておきましょう。またプロバイダによってはキャンペーンでキャッシュバックをしていることがあります。それを受け取って解約をすると解約金は少なくなることでしょう。


WiMAXの速度について
wimaxのエリアについて