プロバイダーの選び方

LTEとは

次世代の高速通信手段として注目されているのがLTEで、スマートフォンなどでも活用されてきているので使っているという方も少なくありません。最近はテレビのコマーシャルなどでも見ることができますが、スピードが速く大容量のデータ通信を実現できると評判を集めています。そもそもLTEというのは、日本語で言うと次世代高速携帯通信規格といいます。元々は携帯電話の通信規格の一つとなっていて、第3世代の携帯電話の通信規格として拡充されてきています。4Gといわれることもあり、LTEサービスを自社で展開する時にはLTEという言葉を強調せず、4Gで紹介をしています。

ではLTEというのは、一体何が前よりも良くなっているのでしょうか。それは様々な通信会社のホームページでも紹介していますが、ブロードバンド回線のように使っていくことができます。理論上では最高通信速度としてダウンロードの場合で100メガbps以上となっており、回線をスタートさせた時もスピーディーになっています。遅延も全く起きないもしくは低減した状態で利用をしていくことができます

このLTE通信を活用していくために必要なものはモバイルルーターWiFiが必要になっていきます。モバイル端末も増えてきていますので、家電量販店などで見かけることが多くなっています。今後もLTEを利用することができるモバイル端末などが増えていきますが、ストレスフリーで通信を出先でも活用していくことができるでしょう。

LTEフラットとは

パケット通信サービスの一つで、4G LTEによる高速通信を活用していくことで、快適な通信サービスを利用していくことができます。通信料は定額サービスとなっていますので、お金を追加する心配がありません。LTEフラットは多くのauのユーザが利用しているプランとなっています。もしもLTEフラットへ申し込間なかった時には従量プランという、通信料の上限が2万円のプランとなってしまいます。

このLTEフラットに加入することで、様々なところにあるWifiスポットを利用することができるようになったり、自宅に無料でWifiルーターを使えるようにレンタルを受けられるようになります。au Wi-Fiを使用する時に注意したいのはWiMAX 2+を利用している時、パケット通信料というのはLTEフラットの定額料もしくは上限額における対象となってしまいます。

しかし海外で使用する時のパケット通信料は上限額の対象から外れますので、安心して海外で利用することができます。そして対象事業者と自動で接続をした時には海外ダブル定額プランが採用されますので、海外旅行などで利用する前に把握しておきましょう。この海外ダブル定額というのは4G LTE対応のスマートフォンやiPhoneで新規加入もしくは機種変更をした際に申し込むことで利用することができます。4

このLTEフラットは色々なオプションと組み合わせていくといいでしょう。スマートフォンをWi-Fiルーターのように利用することができるテザリングオプションやエキストラオプションとしてデータ通信量の制限などがありますので、ライフスタイルに合わせながら決めていきましょう。

lteプラン

lteプランというのはauの4G lte対応のスマートフォンを利用していくための料金プランとなっています。もしも通話やCメールなどを行っている時には、このlteプランに登録すると得することができるようになっています。各通信会社からlteに関するサービスが提供されていますが、lteプランのメリットとして通話料に大きく反映されることがあります。

最近では4G lte対応のスマートフォンが増えてきていますが、プランを上手く活用していくことが大切になっていきます。ただプランをしっかりと見ていかなければ、lteの通信スピードや通信量のデメリットが生じてきますので注意しなければなりません。1日における通信料の制限がついてきてしまったり、場所によってはlteの使用ができなくなってしまいます。使用できるエリアは未だに拡大し続けていますので、時には3Gで利用することにもなりますので、使った時に通信速度が異様に遅くなってしまうというケースも出てきます。

そんなlteプランに申し込む方法としては、店頭やインターネット上から申し込んでいくことになります。詳細はauの受付などで手続きに関する案内を確認していくといいでしょう。通話に関してはauのスマートフォンや携帯電話へかける時には、全て24時間無料となります。通話関連のサービスも多数ありますので、自分の申込みたい内容を確認していきながら決めていきましょう。高速通信は時に便利ですが、制限などの契約内容を把握しておかなければ、時に十分に活かしていくことができません

lteのエリア

LTEのエリアをしっかりと把握していかなければなりません。エリアによっては利用することができませんので、事前にサービスを提供している通信会社のホームページで、サービスを利用できるエリアかどうか知っておくことが重要になっていきます。しかしサービスエリア内にあればLTEは十分に活用することができます。LTEを利用していくメリットとして、スピードが早いという点があります。携帯電話でスタンダードとなっている従来の3Gと呼ばれる通信機能と、LTEを色々と比較していくと理論上の数値でも差が大きく出ています

LTEでは最大で75mbps、3Gだと最大で14mbpsとなっています。最近注目されているWiMAXでも最大で64mbpsとなっていますので、そのスピードは非常に早いというのが分かります。そしてLTEはテザリング機能という機能を利用することができます。これはLTE対応となっているスマートフォンなどをルーターとして、他のパソコンやスマートフォンそしてタブレットがインターネットへスムーズに接続していくことができるようになっています。

そんな中でLTEのエリアがデメリットになることがあります。徐々に普及している状況となっていますが、未だにLTEが対応できていないエリアというのも少なくありません。そのためスマートフォンなどだと3Gと兼用になっているものもありますので、常に活用していきたい時には便利な仕様となっています。そして使えるエリアにあっても、利用し続けていって通信量の制限を受けてしまうことがあります。

LTEだとおよそ7GBの転送量が設定されています。これ以上のデータ通信を行ってしまうと、制限が入ってしまってスピードが急速に落ちてしまうことがあります。料金を支払っていくことで転送量をアップさせていくこともできますが、データ通信のやりとりが大きくなってしまうという時には、最大のデメリットになっていきます。さらにバッテリーが消費しやすくなりますので、メーカー側も改善を進めています。

通信会社のホームページをチェックしていきながら、LTEが使えるエリアを確認していきたいところです。すぐにLTEに変えて利用することができるエリアもありますが、全くLTEが使えないというところもあります。その時にはLTEだけでなく、WiMAXへ変更するのか判断していかなければなりません。情報をチェックしていきながら、理想的な通信手段を見出していきましょう。

auのlteエリア

様々な通信会社からlteプランが提供されていますが、いずれもLTE対応になるスマートフォンであったり、タブレットをリリースしていますので使いやすくなっています。料金プランについてもauは使いやすくなっていますので、加入者も増えてきています通信プランもauは豊富にありますので、使用用途に応じて決めていくことができるでしょう。auではlte対応の通信プランだけでなく、エリアについても徐々に拡大をしている状況となっています。しかしauのlteを利用できるエリアは限られている部分もありますので、事前に把握していくことが重要となっていきます。

そしてサービスを行っているエリアについてですが、常にau側で通信状況を判定していきながらマップを作成していますので、実際にlteエリア内だったとしても電波状況が厳しくなってしまうこともあります。また電波が届かなくなっている状態では、通話やデータ通信が当然ながらできません。仮に電波が強くなっていても、通話などが切れてしまうこともありますので注意しながら利用しましょう。

実際にauのlte対応のスマートフォンやタブレットが利用できるエリアかどうかは、アンテナマークをチェックしたり、ホームページで対応しているエリアかどうかを判断していくことができます。あくまでも利用環境などによりますので、時折対応しているエリアでも切れてしまう可能性もあります。さらに花火大会といったイベントなどで通信状況が悪くなってしまうこともありますので、注意しながら活用していきましょう。

lteの速度

lteは多くのスマートフォンで搭載されていますが、速度は非常に速いです。そのきっかけはiPhone5からともいわれていますが、一般的にlteが搭載されていることが認識されてきています。通信手段として活用しやすいシステムとなっており、活用していく上で速度も非常に速くなっていることから、各通信会社の新機種で爆発的に広がっていっています。最近でもlteに関する回線では向上してきていますので、常にスマートフォンやタブレットを活用しても、全くストレスを感じることもないでしょう。

これまでlteというのはNTTドコモやイー・モバイルが先行してスマートフォンや通信用のデータカードへ搭載していましたが、サービスを開始した時からlteを利用できるエリアが狭くなってしまうといイメージが先行していました。結果として、エリアに関する問題が一切問題なくなったところでも、通信の速度について改善されない地点が多い状態が続いていました。そんな中でソフトバンクやauがlteの普及に努めていきます。iPhone5を展開することになった時、lteへ参入することを表明します。すると事態が一転していき、各通信会社でスペックに関して違いがほぼない状態となっていますが、ソフトバンクやauは全国的にlteを利用できるように動いていくのです。結果として全国で広く展開されるようになっていき、通信速度についても10Mbps以上を各地で算出していくほど圧倒していきます。スマートフォンやタブレットは続々と発売されていきますが、いずれも速度において問題ないことで他社とアドバンテージをつけていきます。

ソフトバンクが特にlteの追求を進めており、導入した時点から都市部などを中心としているユーザーを増やしています。数が増加していくとともに通信制限をかけていくことにもなりますが、テザリングの開放などのサービスが受けています。速度アップを狙っていくとともに、2012年にはイー・モバイルと経営統合について発表を行います。これでlteを利用する範囲をさらに広げていく一方で、利用可能な周波数についてもソフトバンクが獲得していくことになります。モバイル回線の速度アップについても考えており、こちらも総務省の技適認証は通過しています。準備が徐々にそろっていく中で、通信スピードも速くなっていくことでしょう。当然ながら他の通信会社もソフトバンクを追随していく形をとっており、今後もlteの速度はアップしていくと考えられます

lteの速度制限

大容量の通信を行っていれば、自ずとlteは速度制限が生じてしまいます。その点を踏まえていきながら、パケット通信量を日々確認していかなければなりません。速度制限が発生する前に、パケット通信料を確認する方法を熟知しておくといいでしょう。基準としてはメールで62万通、ホームページでは1700ページ近くそして音楽のダウンロードについては、60曲以上ダウンロードすると制限をかけてしまいます

まずパケット通信量というのは、送受信ともに発生していく通信量の合計となっています。3GそしてLTEとありますが、それぞれの通信網について発生するパケット使用量の合計値となります。多くの人が大きな勘違いとして、lteだけの通信料だけを注目してしまうことがありますが、方式が全く違いますので注意しなければなりません。例えばiPhoneへ保存しているデータ量に関して見ていくと、インターネットやメールの送受信で発生しているパケット通信の合計量が該当します。速度制限というだけに、lteの使いすぎによって規制を受けてしまうのは速度となります。この速度制限は、キャリア3社で発生しますので差はありません

ただ速度規制を受けた後でもパケット通信については、いくら行っても構いませんので、自由に活用していくといいでしょう。データ通信については、データ通信量をチェックすることができるアプリというのも色々と出ています。DataWizは無料で取得出来るだけでなく、速度制限に関して警告を出していきます。残りが1ギガバイト以下となると、SMSにて通信規制に関する案内のメールが自分のスマートフォンへ届きます

そんな中で通信速度の制限をかけないようにしなければなりません。それはWi-Fiへ接続しながら活用していく方法で、活用していくと規制が一切かかりません。これはWi-Fiを利用しているためで、パケットをいくら通信して活用していっても制限はかかりません。注意したいのがiPhoneで、使っていない状態でもパケット通信を行っています。操作を一切行っていなくても、システムやアプリが常にインターネットと接続しているため、パケット通信を行っているのです。使っていないアプリなどについては、制限を受けないように設定で止めて行くことも意識していかなければなりません。特にテザリングは要注意で、あっという間に制限がかかってしまう可能性を秘めています。使い方には十分注意をしていきましょう。

lteの制限はいつまで?

大容量データ通信ができるようになったlteですが、制限がつくようになってきました。最近になって通信容量で制限をかけている通信会社が増えてきており、大容量になるほど料金が高くなっていきます。そこで注意をしていきたいのが7ギガ制限で、iPhoneなどが対象になっていきます。
利用している月でlteのデータの通信量が、メールやインターネットなどで合計して7ギガを超えてしまった時、そこから通信速度が規制されてしまいます。近年ドコモやauそしてソフトバンクでも、lte回線の制限をかけていますので、普及されてきているといっていいでしょう。そしてスマートフォンで増えてきているテザリングですが、こちらでの通信についても適用されてしまいます。auやソフトバンクに加入している時には、テザリングオプションというのもあります。これに加入をしておくと、上限は7.5ギガと少し優遇してくれます。

そんな制限ですが、どれくらい遅くなるかというと最大で128kbpsとなります。1メガほどのホームページが、lteであれば数秒で開くところが1分から2分ほどかかってしまうようになります。通信については800分の1ほどに低下してしまいますので、通信については計画的に利用をしていかなければなりません。規制についてですが、基本的には制限のかかった月の末日まで適用されてしまいます。ただしソフトバンクで請求締め日となっている毎月10日や20日そして末日で適用されていきます。契約書などをチェックして、規制がどこまで適用されるかをチェックしておきましょう。

どうしても手早く、すぐに速度規制を解除していきたい時には、有料で対応してくれる通信会社もあります。ドコモでは128kbpsの通信解除、auではエクストラオプションそしてソフトバンクでは通常速度へ戻す申し込みを選んでいくことで対応してくれます。3000円近くかかってしまいますが、新たに2ギガまで通常速度で通信を行うことができるようになります。auは事前に2ギガ分購入している形で料金が形成されており、超過をすると再度購入する形となっています。またソフトバンクでも追加容量を自動で購入していく形にすることができます。
しかし制限がかかってしまう前にデータ通信量を事前にスマートフォンなどで確認していったり、自宅にWi-Fiがあれば積極的に使っていくようにしましょう。これでlteの代わりとして利用することができるため、通信量を減らしていくことができます。

lteの制限を解除する

制限の解除については、様々な通信会社によって異なっていきます。事前に確認をしておかなければlteの速度制限の解除に戸惑ってしまうかもしれません。速度制限は大量のデータ通信によって発生していきますが、解除をしていく際に有料となってしまうケースもあります。こうなってしまうと、費用が大きくなってしまうことも考えられます。

そもそも多くの通信会社で7ギガの通信制限を設けていますが、その目的は色々とあります。例えば都市部などで回線が込み合っているケースがありますが、円滑に通信ができるように回線の混雑を防ぐために制限を設けています。そして利用者が安定した通信を誰でもできるようにしなければならず、通信制限をある程度大きくした形で提供しています。しかし大容量の通信を常に行っているようであれば、一気に通信制限をかけられてしまうことでしょう。

そんな中でlteの速度について制限を考えなくていいのがWi-Fiです。Wi-Fiを活用していくことによって、通信に関して制限を受けることがありません。カウントは一切行われないため、各社が提供しているフリーでも利用可能なWi-Fiスポットについて積極的に活用していくといいでしょう。データ通信が大きくなってしまう動画の視聴や、アプリのダウンロードといった作業が、Wi-Fiでは向いていますので有効利用すると効果的となっています。

しかしWi-Fi環境ができあがっていないところも色々とあり、各キャリアで活用できる容量の中で通信を行わなければならない状況にもなってしまいます。そこで様々なスマートフォン上の設定などをチェックしていくことも重要となります。例えばiPhoneを利用しているのであれば、設定について見直していくといいでしょう。

ここで見ていきたいのが回線で、3G/LTE回線を使っていくようにしましょう。すると同期や更新が頻繁にされないようになって行きます。Wi-Fiへに接続した際に設定されていくこともあります。また設定用のアプリを活用しながら、Safariで利用されているモバイルデータ通信についてもオフにしておくと効果的です。またスマートフォンでChromeを利用しているのであれば、機能を活用していくといいでしょう。最新版のChromeについて、ウェブページに関してサーバで圧縮していきます。その後iPhoneへ行きますので、データ通信量を一気に50パーセント% まで削減できます