プロバイダーの選び方

プロバイダーを解約するタイミング

解約するタイミングは、プロバイダーなどの利用頻度によって決めていくと簡単になっていくことでしょう。決してプロバイダーの料金などで見て決めてしまうと後悔をしてしまいます。色々とプロバイダーと契約を進めていくことになりますが、中でも明確になっていないのが料金に関することとなるでしょう。大半のプロバイダーは料金をある程度抑えていますが、利用していく側にとってはインターネットにかけていく月々の料金の安さをチェックしていくことが多いです。そのため料金が極力安いプロバイダーと、契約を進めていくことでしょう。

当然ながら、月々のプロバイダーへ支払う料金というのは安く抑えていきたいところなのですが、月額の料金のみで契約を進めていってしまうと損をしてしまう可能性を高めてしまいます。その理由としては、事前にプロバイダーが提示をしている月々の使用料金は割引が適用された後の値段が多くなっているためです。実際割引料金についてみていくと、様々な制約があるのが分かってきます。まず加入している期間を見ていくと、縛りなど様々な条件を見ていくことができます。契約期間内で解約をしてしまうことで、違約金をプロバイダーへ支払うことになってしまいます

そんな中で解約時に違約金を支払うことなく、理想的なタイミングで解約する方法がいくつかあります。まず解約をしないで移転していくというパターンがあります。これは引っ越しなどで契約している住所を変更していくのですが、この時回線について解約することなく実施することができるケースというのがあるのです。転居したところで、回線に関して移転の手続きを行っていくことで対応することができます。この方法であれば、決して解約することなく同じプロバイダーを利用出来るだけでなく、契約期間の途中で解約をしても違約金が発生することがありません。工事料金も無料とすることができます。ただ地域によって異なりますので、タイミングなどには十分注意してください。

また持家である戸建てだったり、マンションそしてアパートでプロバイダー契約をしているという時には住所などを変更していく際に解約に関して心配することはありませんが、賃貸住宅では急に解約してしまうと、違約金が発生してしまいます。契約満了の時に解約をするとなると、引っ越しのタイミングと合わないというケースも出てきます。ここで契約期間の途中において解約することで違約金を払わずに済む方法はありません。ただ事前にキャッシュバックなどの特典を利用して、解約時に活用するということはできますので、事前に色々と情報収集をしておくといいでしょう。

プロバイダーを解約する際に注意したい「違約金」

解約に関する違約金の発生は3パターンありますので注意してください。これはプロバイダー全体でもいえることなので、実際にプロバイダーを選択する前にチェックしておかなければ、時に高額な違約金を支払うことになってしまいますので注意しなければなりません。 個別に違約金が発生していくということも理解しておくといいでしょう。

解約時の違約金を支払う際には、大半が割引制度を導入していることがあります。まず新規加入に関する割引なのですが、新規加入時に最初の1年または2年といった定められた期間の間、解約をすることなく利用していくことを条件として、プロバイダーは月額料金を安くしてくれることがあります。最初に割引が適用される期間だけ月額の使用料が最も安くなっていきますので、テレビのコマーシャルなどでプロバイダーセールスポイントとして表示してくることが多いです。プロバイダーによっては2000円以上安くなることがありますが、解約をするとその分多く支払うというケースもあります。

続いて長期間同じプロバイダーと契約していると生じる割引というのがありますが、これは2年や3年といった長期間同じプロバイダーとの契約を行っていくことを条件として、月額の料金を割引いてくれるサービスとなっています。新規で加入した時に割引が終了をしてしまった後からより適用されていきますが、大半は3年目から適用されていきます。回線やプロバイダーの事業者が、長期間ユーザーを定着させていきたいという狙いがありますが、このサービスを受けても解約時に違約金を発生させてしまうことがあります

最後の初期回線で工事費用を割引するサービスです。まず新規加入で2年以上契約することを条件に契約することになりますが、ここで工事費用を分割などにすることになります。ここでさーびすを利用すると、実質料金が無料になるということになります。工事費用は数万円かかることが多いため、このサービスはありがたいことでしょう。しかし工事費用を割り引いてもらっても、短期間であれば解約時に違約金が発生してしまいます

どうしてもプロバイダーについて解約金を支払いたくないという時には、事前にプロバイダーと決めていた契約期間を満了せずに解約をしてしまうと違約金が発生してしまいますので、期間内は同じプロバイダーを利用していくことです。新規加入で割引が適用されている時に、長期契約で割引というサービスを受ける時には自動更新となることが多いので安心です。

プロバイダー契約 クーリングオフ

規制によってプロバイダー契約のクーリングオフというのは適用されませんので注意しなければなりません。通信会社によっては事前にしっかりと説明を行っていますので、十分に説明を聞いて理解をした上で申し込んでいくことが大切になっていきます。
実際に多くの方が業者の電話勧誘または訪問販売でプロバイダーと契約を交わしているのですが、業者側がしっかりと説明を行うことがないまま契約を進めていってしまい後々トラブルになってしまうというケースが頻発しています。

悪質な業者は今よりプロバイダーの使用料金が安くなっていくまたはこのまま使っていると固定電話を利用できなくなってしまうと、巧妙な言葉を言い放っていきます。騙されないように注意しなければなりません。またプロバイダーと契約した後で料金を安くしていくことで、さらに別の回線業者などを勧められてしまうというケースもあります。そして契約をした後で請求書を見ていくと、非常に高額な請求額になっている状態になってしまうのです。多くが高齢者が被害に遭っていますが、どのケースでもクーリングオフが効きませんので、事前に理解をしておくことが大切になっていきます。

悪質な勧誘は非常に多いです。接続業者とも呼ばれているプロバイダー業者はインターネットの接続に関してプロフェッショナルなのです。決して回線を提供しているというわけではありません。クーリングオフについても適用されない規約の中で提供をするので、事前に契約内容を理解していかなければなりません。どうしてもプロバイダー業者と契約を合意した後で解除を行っていくには、契約書の文面を利用して解除を進めていってください。規約に記載があれば、その内容に則って契約の解除へプロバイダー業者も動いてくれます