プロバイダーの選び方

コミュファ

コミュファとは、2002年に名古屋の一部地域で中部電通によるインターネット接続サービスを開始後、2008年にKDDI傘下に入り、2012年には愛知県、岐阜県、三重県、静岡県までエリア拡大と新コースの搭載、テレビサービスやIP電話サービスの開始が定着し、2015年には東海地方で一番人気となっている光回線です。2014年にはイメージキャラクターのオーディションが話題になったのは記憶に新しいですね。

会社自体は大きいもののコミュファ光という商品は一部地域から細々着実に定着させるため売り出し方も慎重でイメージは良く、エリア拡大で住まいが対象地域になるとすぐにコミュファ光に変更した人が多かったようです。

プロバイダも回線もセットで契約すると安くなるのはもちろん、支払いもスムーズになるので利便性を重視した事も顧客獲得へ繋がったのではないでしょうか。集合住宅に住むお客様にはコミュファ光が導入されているか簡単に確認できるのも嬉しいポイントだったようです。「コミュファ光にしようか」と思わせるブランドイメージにも似た感じもあります。とはいえ、名前が一人歩きするでもなく一部地域から開始しながら信頼を獲得した証なのでしょう

また、オフィスや中小企業をターゲットとしたビジネスコミュファ光という回線もあり、お客様の情報システム担当に代わってサポートしたり、毎月くる各社からの請求書の管理もサポートするなど運営もスマートに変わります。保守運営窓口を一つにまとめる事ができるのでctcに連絡すれば復旧まで対応してもらえます。トラブルに強い、スムーズなビジネスをサポートする回線といったところですね。

コミュファの評判