プロバイダーの選び方

フレッツ光 速度

速度はフレッツ光は基本的には安定しています。光ファイバー回線というのは、NTT局舎から距離に関して影響を受けることは全くありません。自宅までフレッツ光を接続していても、全く速度は落ちることがありませんが、もし落ちているようであれば障害調査を行う必要があります。フレッツ光を提供するプロバイダーと回線について契約を行っていくならば、最大で100Mpbsから1Gbpsという高速のインターネット接続を利用していくことができます。

フレッツ光などの光ファイバー回線は色々なメリットとデメリットがあります。距離の影響を光ファイバー回線では全く受けませんが、他にも通信速度について上りや下りの速度が高速となっています。高速なので時間の節約も可能となっています。

そんな中でフレッツ光の速度でベストエフォートという言葉を見かけることができます。ベストエフォートというのはサービス品質について、保証が全くない通信関連のサービスをいいます。品質の内容というのはサービスであったり、ネットワークの接続環境や種類で大きく異なっていきます

しかし最低限保証されているフレッツ光の通信速度であったり、メンテナンスや故障などで中断時間が発生することがあります。それがプロバイダーは最大で1年間でどれくらい発生するかをチェックしながら品質が落ちていないかを確認していきます。無線LANも規格がありますので、速度が落ちていないかは規格もチェックしながら確認を行いましょう。

フレッツ光 速度 遅い

フレッツ光を利用する時、多くの人が同じ回線を利用していれば遅い状態となってしまいます。利用している回線の状況や通信量の多さなどで、速度は大幅に変わっていきますので注意しなければなりません。決してインターネットにおける速さというのは、フレッツ光などの回線だけということだけでは決まらないということを知っておきましょう。

一般的なフレッツ光などのインターネットにおける速さというのは、インターネット回線であったり自宅の中で通信しているLANを使ったネットワーク、そしてスマートフォンやタブレット、パソコンなどのスペックによって決まっていきます。回線もしくは自宅内で利用されているネットワークというのは一定速度によって通信が可能というわけではありません

多くの情報が流れていけば交通渋滞と同じように徐々に速度も遅くなっていきます。スマートフォンやタブレット、そしてパソコンも同様に処理速度で変わっていきます。他に多くのアプリなどを動かしていれば、たとえフレッツ光のように高速通信が可能な状態でも遅くなってしまいます。

インストールされているアプリやソフトをチェックしていく中で、ウイルス対策用のソフトは要注意です。光ファイバーなどの回線を利用していく際に安全に活用できるように揃えておきたいところですが、インターネットによってやり取りしていく多くのデータについて、それぞれチェックしている設定にしてしまえば、それなりに通信速度も遅くなっていきます。安全な範囲内でウイルスチェックの設定を変えていくことで、通信速度がアップしていくこともあるでしょう。分からない時にはカスタマーサポートなどで確認をすることができますので、連絡を入れてみるといいでしょう。

パソコンの処理速度について、フレッツ光を利用していく際に向上させていくプランは色々とあります。例えば内蔵しているメモリの容量を増やしていったり、ハードディスクについてデフラグなどを実行して最適化を行っていく方法、さらには予算に余裕があれば新しいOSにするというのも方法としてあります。

それでもフレッツ光の回線速度が期待通りの内容になっていなければ、サービスデスクなどに問い合わせを行って確認をしてもらうようにしましょう。場合によっては回線に不備があり、改めて回線工事を要する可能性もありますので、調査を行ってもらいながら判断をしていきましょう。早めの対応を行うことで、快適なインターネットを楽しめます。

フレッツ光 速度低下

フレッツ光の速度低下は色々な要因が考えられます。自分のパソコンなどをチェックしていきながら、本当に速度低下がフレッツ光のプロバイダーなのかを判断していくようにしましょう。端末についてみていくと、自分の使っているパソコンやOSについて考えていきましょう。利用しているパソコンで処理速度や記憶域となっているメモリー容量、さらに使用しているハードディスクの容量やアクセスにおけるスピードなどをチェックします。すると遅さが原因でフレッツ光の回線にも影響を与えていき、パソコン内のブラウザーの表示処理が徐々に、もしくは急激に遅くなってしまう可能性があります

対応策としてメモリーを増設したり、ハードディスクをデフラグしてシェイプアップしていくことで、速度低下を改善させていくことができます。OSはフレッツ光のように高速回線に対して最適化を行っていないこともありますので、たとえ光回線を利用していたとしても通信速度を上げていくこともあります。またサポートが終わったOSについては、色々なセキュリティー面での問題などを解決できるプログラムも提供していないこともありますので、最新のOSを搭載しているパソコンへ買い換えるかアップデートを行うようにしましょう。

次に搭載しているセキュリティーソフトなどといった常駐プログラムをチェックしましょう。セキュリティーソフトなどパソコン内に搭載している常駐プログラムによって、通信速度が遅くなっていることがあります。セキュリティーソフトというのはインターネットなどを介して、パソコンへと届くデータもしくは送信するデータについて常にウイルス感染がなされていないかチェックしていき、危険がないかを見極めていきます。

処理速度によって通信速度を低下させる可能性がありますので、著しく遅くなったら業者などへ相談するといいでしょう。数種類のセキュリティーソフトをインストールしていると、それぞれ処理を続けていますので遅くなっていきます。

最後にフレッツ光を利用している回線をチェックしましょう。LANポートはフレッツ光ではLANケーブルが1000BASE-Tというタイプに対応しているかチェックしなければなりません。1秒間で1Gbpsほどのデータ量を転送していくことが可能ですが、それに対応していないと速度低下を起こしてしまいます。違っている場合はケーブルを買い換えて接続をしていくようにしましょう。そして家族などで共有している時には、回線速度が遅くならない程度に使っていくことも重要です。

フレッツ光 速度 不安定

回線は混み合っているような状況になっていると、フレッツ光を利用していても速度が不安定になってしまいます。そして大容量のデータ通信を頻繁に行っているような状況でも、速度が不安定になってしまいますので、利用する際には注意しなければなりません。


そもそもフレッツ光などのベストエフォート型となっている回線形式は、多くの人が同時にインターネットなどで回線を利用していくと混み合ってしまい、回線の速度が不安定もしくは低下してしまいます。インターネットを利用する人は、一般的には夜8時から11時頃まで集中するケースが多いようで、不安定になりやすくなります。

どうしても自宅でフレッツ光の回線速度が遅くなっていると感じた時、最初に自宅の中でどのくらい接続させているかチェックしていきましょう。フレッツ光など光ファイバーを利用した回線速度について速くなっていても、自宅の中で何台かスマートフォンやタブレット、そしてパソコンを接続している時には速度が遅くなったり不安定になってしまいます。とりわけ映像などデータ通信量が多くなってしまう形態となると、速度へ大きな影響をもたらしていきます。使用している時間が集中してしまわないよう、常に時間を意識していくようにするといいでしょう。

そしてフレッツ光を利用していても、LANの状態が悪くなっていると不安定になってしまうことがあります。特にノートパソコンなどを利用している時に差し込んでいくLANカードであったりLANケーブルについて、速度の規格をチェックしておきましょう。長年利用して劣化している可能性もありますので、常に交換していくというのも方法の一つとなっています。無線LANでも速度の規格が大きく違ってきますので、フレッツ光の速度に適しているかチェックをしておきましょう。

フレッツ光 速度測定できない

平均して10Mbpsから40Mbpsといわれていますが。回線の老朽化などでフレッツ光の速度を測定できない状況に見舞われることがあります。そのような場合にはプロバイダーへ相談しながら対応を行うようにしてください。実測値が一般的な速度であれば速度の測定は参考程度となるでしょう。そしてフレッツ光を利用してインターネットをつなげていく時は、動画などの大きなデータも快適に通信することができます。

もしも速度測定ができないほど回線の老朽化が進んでいると疑っている時は業者に相談をしていきましょう。通信速度が利用していくと著しく低下すると感じることがあります。またインターネットに繋げられる環境にあるならば、速度を測定することができるサイトへアクセスして測定を行えるかチェックしましょう。

速度測定できない原因を探るのも重要で、利用しているケーブルをチェックしていきましょう。LANケーブルを利用している場合、使っているルーターやハブ、そしてLANケーブルがフレッツ光に対応していることが条件となります。ネットワーク機器が全て対応していない状態であれば、ベストエフォートで速度測定を行うことができません。

最大通信速度が10Mbpsや100Mbpsといった速度になってしまい、フレッツ光の最大限の速度とはなりません。ベストなのは100Mbpsを超えても通信速度を維持できるケーブルなどになりますので、該当するネットワーク機器は基準として1000BASE-Tに対応する商品を選択していきましょう。

フレッツ光 速度 改善

利用するタイミングやデータ通信量の多さによって、フレッツ光の速度を改善させていくことができます。速度の改善によってデータ通信が円滑に進められるようになりますので、フレッツ光独自の通信速度を実現させていくことができるでしょう。

フレッツ光を利用してホームページもしくはメールをチェックしていこうとする時、もしくは動画を閲覧したりネットゲームを楽しんでいこうとする時などで素早く処理が行われるかが重要です。すぐに表示されるか途切れてしまうかで、フレッツ光の通信速度をチェックしていくことができます。そんな中でインターネットの通信速度の速さというのは、遅くなっていれば改善を必要としていきます

どうしてもフレッツ光などを利用して速度が遅い時に回線が混んでいたり、自宅の中でネットワークの状態が悪くなってしまっているなどによって遅くなってしまうことがあります。速度が遅くなってしまう要素は色々とありますので、改善を必要としてしまうシチュエーションはところどころで見つけられるでしょう。フレッツ光を利用してインターネットを行っている時、どうしても速度が速いと快適に思えますが、設備について速くなるほど価格が高くなっていきます。速度の改善は限られた環境の中で考えていかなければなりませんので、バランスを見てしっかりと決めていきましょう。

しかしながらフレッツ光などの速度を明記している回線速度というのは、理論値として考えておきましょう。環境によって差が生まれていくという認識を強く持って、適度なデータ通信を心がけていくようにしましょう。

フレッツ光 速度アップ

フレッツ光の速度アップを検討したい時、搭載しているパソコンだけでなくLANケーブルやネットワーク機器について場所などを検討していきましょう。設置しているネットワーク機器によっては、フレッツ光の性能を最大限に引き出せない状態になっている可能性がありますので、業者とも相談しながら考えていくことが重要です。

もしもフレッツ光を無線で通信している場合、障害物に弱いという点を理解しておきましょう。障害物が電波を遮断してしまい、しっかりと電波を受信することができずにスピードが落ちてしまうことがあります。そのため改善策として設置場所を変えてみたり、親機と子機の間で障害物になるものを排除していくといいでしょう。さらに親機と子機が離れすぎている時でも、通信速度を遅くしてしまうことがあります。鉄骨や鉄筋造りとなっている家やマンションの場合、窓なども通信妨害を行うことがあります。そして家電でも電子レンジが電波が干渉をしていきますので、速度に影響が出てしまうことがあります。

無線で対応できない場合、LANケーブルをパソコンへ直接つないで確認していくようにしましょう。フレッツ光の回線速度をアップしていくには、直接回線の速度を確認していく必要があります。もしもLANケーブルを繋いで回線速度がアップしていくのであれば、無線LANで接続する方法であったり、機器を変えていくといいでしょう。どうしても通信速度がアップしない時は原因を探っていきましょう。当時ネットワークが混雑していて通信が遅くなったり。アクセスがホームページへ集中すると遅くなってしまいます。一時的な要因もありますので、時間を開けて再トライをしてもいいでしょう




フレッツ光の速度
フレッツ光でwifi
引越し時のフレッツ光
フレッツ光の解約方法