プロバイダーの選び方

フレッツ光の解約方法

事前にフレッツ光の解約を行う時には、あらかじめホームページやカタログなどをチェックしておきましょう。解約方法は細かく掲載されていますので、内容を把握しながら手続きを進めていくようにしましょう。

解約時に注意するポイントは色々とあります。まずはカスタマーサポートへ連絡を入れて解約の手続きを行いますが、オペレーターへ接続するまで数分以上かかってしまう可能性があります。引越しなどでフレッツ光を解約しなければならない人が多いと、3月などは問い合わせが多くなります。そのため電話回線も混んでしまいますので、ベストは平日の昼間です。保留中にはスピーカーの状態にしておくと、待ち時間も便利となるでしょう。請求書などに掲載されている顧客IDや電話番号を用意しておき、解約日を伝えていきます。解約を行う月は、月額料金が日割りとなっていきます。

次に撤去工事であったり、解約キットを送付する手続きを取っていきます。住んでいる物件で異なっていきますが、撤去工事をフレッツ光では必要とする場合があります。カスタマーサポートへ連絡を行った時に聞く指示に従っていきながら工事を行うか判断しましょう。日時を合わせながら、立ち会いを行っていけば工事は完了となります。工事が全く必要ない時には解約キットを返却すれば問題ありません。

次に解約金ですが、NTTやフレッツ光を利用する時に契約したプロバイダーへ支払っていかなければなりません。フレッツ光を始めていくために違約金であったり、最低利用期間を必要としていませんが、契約を行う時にはキャンペーンの適用には注意しなければなりません。解約金はプロバイダーでは5000円程度かかりますので、期間も確認しておきましょう。

フレッツ光の解約による違約金

プロバイダーを比較しながら決めて行く時、解約時の違約金に注意しなければなりません。フレッツ光の契約でも数年契約を行わなければならないケースもありますので、期間を事前に確認しておきましょう。光回線やADSLなどの回線がありますが、料金を比較していくことに集中しすぎてしまうと契約期間のことを忘れてしまうこともあります。料金体系を見直したものの、契約期間を見逃してしまったというミスを犯してしまうと違約金が発生してしまいます

大半のフレッツ光を提供しているプロバイダーでは、1年から2年契約が中心となっています。そして違約金は5000円前後となっていることが多いです。さらに気をつけなければならないのが、NTTの解約です。主に東日本と西日本にわかれていますが、同名ながらも別会社となっています。住んでいる地域が異なると金額も大きく変わりますが、キャンペーンを実施していることもあります。その時解約金が大きく変わることがありますので、フレッツ光を解約しようと考えている時は金額をあらかじめ確認しておくといいでしょう。

もう一つ注意しなければならないポイントとして、違約金が発生しないと記載されているプロバイダーがあれば、加入をした時にキャンペーンとしてキャッシュバックなどといった特典を受ける時の条件として提示されることがあります。フレッツ光は大半のプロバイダーは、最低でも1年以上利用すれば違約金が発生する確率が低くなっています。

フレッツ光の解約金

プロバイダーだけでなくNTTでもフレッツ光に関する解約金が発生します。解約時の注意事項をフレッツ光のホームページなどで確認してから、解約手続きを踏んでいくと失敗しないでしょう。特に顧客IDが掲載されている開通のご案内であったり、請求書は解約時に必要となりますので準備をしておきましょう。

解約手続きを進めていく時、確認を行うため顧客IDやひかり電話で使っている電話番号をカスタマーサポートで確認していきます。その中で利用期間について、最低限の期間をクリアしているか確認することとなります。ここでフレッツ光の契約について、キャンペーンなどで月額利用料を無料にしていたり、初期工事費について無料となっているケースが適用されている時、フレッツ光の契約期間では最低利用期間というのが設けられています。都合で最低利用期間内でフレッツ光を解約しなければならない時は、初期工事費の割引額を一部負担しなければなりません。これが解約金と考えてもいいでしょう。その中でひかり電話を継続して利用したい時、一度カスタマーサポートへ相談をしておくといいでしょう。

またフレッツ光についてレンタルを行っている時は返却をしなければなりません。モデムなどを返却する時には送料負担になる可能性もありますので、あらかじめ確認しておくといいでしょう。さらに解約を行う時は解約金を支払う以外にもフレッツ光のメンバーズクラブに加入している場合はポイントが失効してしまいます。さらにタイミングが悪ければ、インターネットを利用することができない期間が生まれる場合もあります。再契約をしたい時には、キャンペーンなどの適用外となってしまう場合もありますし、パソコンなどで再設定をしなければなりません。

フレッツ光の解約料金

回線速度だけでなく、フレッツ光の解約時の料金などに注目しておきましょう。フレッツ光を提供しているプロバイダーについては、キャンペーンや付加サービスだけでなく違約金などの発生条件なども確認しておきましょう。インターネットについては接続方法がありますので、サービス内容が同じならば回線速度も基本的には変わりません。

プロバイダーは契約期間が残っていれば、解約金が発生してしまいます。さらにNTTの解約金というのも発生します。東日本と西日本は、それぞれ別会社という認識でなければなりません。住んでいる地域で料金体系やキャンペーン、さらに解約金の条件なども変わっていきます。特に初期工事費割引であったり、にねん割といったプランに加入してフレッツ光を利用している時には要注意です。

初期工事費割引というのは本来フレッツ光の工事でかかっていく工事費用を分割払いで対応可能というキャンペーンです。このキャンペーンを利用した時は30ヶ月間は契約を継続させなければ、初期工事費で残った金額を一括払いしなければなりません。続いてにねん割はフレッツ光を契約開始から2年間は継続して利用しなければなりません。この条件で月々700円支払っていきますが、これも契約期間が残っている時には残額を支払わなければなりません

更新する月以外で、フレッツ光を解約してしまった場合には1万円近く解約金が発生してしまいます。更新月については、2年毎に自動で更新されていきますので、いつまで契約を行っているか確認しておきましょう。どうしても分からない時は、電話連絡をして状況を確認しましょう。

フレッツ光の解約は日割り計算

フレッツ光の解約タイミングを間違えると、日割り計算で金額の変化が起きます。月の途中でフレッツ光の申込みを行ったり、解約を行っていくと日割り計算となります。1か月分のフレッツ光の利用料金が発生していきますが、申し込んだ月の金額は無料となります。しかし申し込んだ月で、フレッツ光の解約を行った時には、その月の料金が発生していきます

もしもフレッツ光を解約したい時は、手順を踏んでいかなければなりません。まずはNTTやプロバイダーへ連絡を行っていき、解約申請を行う必要があります。とりわけプロバイダーの解約を早めに行うようにしましょう。ホームページで解約申請を行う方法しかないプロバイダーもありますので、解約時にはあらかじめ連絡を入れておくといいでしょう。

回線だけ解約をするとプロバイダーからの請求が止まりませんので、注意しなければなりません。なお解約をした後でプロバイダーから提供されているメールアドレスを引き続き利用していきたい時には、最低料金もしくは無料コースへと変更しておくと引き続き利用できる場合があります。

NTTには電話番号116へと連絡していき、音声ガイダンスに従っていきながら解約窓口へと繋げていって解約申請を行います。受付時間は午前9時から午後5時までとなっていますが、そこでも解約について日割り計算で行われていることを知ります。しかし状況によっては解約まで時間がかかってしまうことがありますので、あらかじめスケジュールに余裕を持って連絡を行うようにしましょう。

フレッツ光の解約手順

解約を行う時には、ホームページなどで手順を確認してフレッツ光の解約手続きを進めていきましょう。工事を実施していく前に解約に関する申し出を行った場合、契約に関して支払いが発生しないので、安心して手続きを進めていきましょう

フレッツ光を解約していく方法をみていくと、最初に契約内容を見ていきましょう。何を解約していけば良いかを理解してから手続きをスタートさせていきます。回線契約だけでは、決してフレッツ光を解約させることができません。インターネットを利用していく時には、回線とフレッツ光を提供しているプロバイダーの契約が絶対に必要となります。

フレッツ光はいずれの解約手続きを行っていかなければなりません。手続きが終わったが、プロバイダーから請求が止まらないというケースが結構ありますので、手続きをしっかりと行いましょう。このケースはクレジットカードによる手続きであったり、口座振替によって支払っているケースだと忘れがちです。解約忘れを防いでいくためには、回線に関する契約を解約する前にプロバイダーの契約を解除していきましょう。カスタマーセンターへ電話をしたり、ホームページから手続きを進めていけば問題なく進められるでしょう。


そんな中で解約を行う際に準備をしなければならないものがあります。それは顧客IDで、フレッツ光を開通した際に受け取ります。開通のご案内であったり、毎月NTTより送付される請求明細に記載しています。解約を行う時にはモデムを返却していきますが、返却キットに詰め込んで返却していきます。送料は無料となりますので、安心して早めに送付しましょう。フレッツ光の回線に関する解約手続きは、これで終了となります。

フレッツ光の解約工事

工事が引越しなどで必要となりますので、フレッツ光の契約時には注意しなければなりません。入会した時や解約を行う時でも手続きが必要となりますので、賢く乗り換えていくようにしましょう。プロバイダーを乗り換えていく時には、解約するプロバイダーへの手続きと、新規契約を行うプロバイダーの手続きを一緒に行っていくことが必要となります。


解約などを行う時に、色々なポイントを知っておかなければなりません。まず新規契約を行う時、キャンペーンが行われている時は慎重に行わなければなりません。パソコンやタブレットなどを購入した時にキャンペーンという形でプロバイダーに同時に入会することがあります。これで端末が割引になっていく場合もありますが、ワイヤレスで接続できるサービスで多く展開されています。解約をする際に契約期間が決まっており、違約金が発生することがあります。また工事費

用もかかりますので、気をつけながら契約を進めていかなければなりません
。またコースの確認も忘れてはいけません。工事が一切必要ないコースもありますので、フレッツ光の契約を行う際には注意しなければなりません。

工事を必要とする場合は、調整が重要となります。新しいプロバイダーへ変えていこうとする場合、以前使っていたプロバイダーの回線を撤去したり新しいプロバイダーの回線について開設していくまでの期間が必要となります。またスケジュールも調整しなければなりませんので、余裕を持って相談していきましょう。

フレッツ光の解約は電話で可能

電話によるフレッツ光の解約は可能ですが、解約時に注意すべきポイントもあります。ホームページなどで紹介をしていますので、内容をしっかりと確認した上で手続きを進めていくといいでしょう。解約を行う前には費用に関して確認をしておくことが重要です。工事を実施する前に解約について申出を行うと、契約に関して支払いを行う必要がありません。

解約時に料金や契約時に参加しているキャンペーンについてはしっかりと把握しておきましょう。例えば解約時に解約金が発生する可能性があります。それは割引もしくは無料キャンペーンなどが適用されている中で契約した時で、都合によってフレッツ光を解約した時には解約金が発生してしまうケースがあります。

フレッツ光を数年間契約しなければならないプランなどが対象となっており、期間によって金額が異なります。電話などで詳細を聞くこともできますので、あらかじめ把握をしておくといいでしょう。電話で解約を行う時に、再契約をすることがあるかチェックすることもあります。フレッツ光の再契約を選択する時には、適用外となってしまうキャンペーンも存在しますので、内容は把握しておきましょう。

さらに解約時にサービスについてもプロバイダーで異なっていきます。例えばIP電話を利用している時には、利用している電話番号を使えなくなってしまう場合があります。さらにレンタル機器をプロバイダーから借りている時には、返却する必要があります。送料も負担しなければならない状況になってしまうこともありますので、あらかじめ確認をしておきましょう。設定についてもパソコンやスマートフォンなどで変えなければなりません。詳細はスタッフの方から電話で聞き、対処を行うようにしましょう。




フレッツ光の速度
フレッツ光でwifi
引越し時のフレッツ光
フレッツ光の解約方法