プロバイダーの選び方

auひかり

auひかりというのは非常に高速で、データ容量も大容量となっているのでインターネットを活用したい人にはお勧めとなっています。下りでは最大で100Mbpsもしくは1Gbpsで利用することができるインターネットの接続サービス以外にも加入電話に相当する品質や信頼性を持っています。他にも機能も完備されているIP電話サービスや、多チャンネルとなっているテレビ放送、さらにはおよそ7000本以上あるビデオ・オン・デマンドを全て光ファイバー一本で提供しています

タイプは色々とありますが、マンションなどでは高速で光アクセスのネットワークを様々なところへ分岐していくGE-PONというものを使って光ファイバーを宅内へ直接引き込んでいくホームタイプだったり、VDSLや構内LANなどを使ってインターネットを提供しているマンションや小規模の住宅に向いているマンションに適合するタイプというものもあります。

通常提供されているプランだけでなく、2年間を一括して契約していくことを条件にして、月額利用料の安くしていくことができる「ギガ得プラン」というプランを提供しています。このプランの契約については2年毎に自動更新していくことになります。しかし更新時期以外のタイミングで契約を解除してしまったり、他のプランへ変更していく場合には、契約を解除する際に料金が発生します。金額は契約時期によって変わっていきますが、1万円前後かかってしまいますので注意しなければなりません。

対応しているプロバイダも増えてきていますので、ホームページなどでチェックをしていきながら、自分に合ったプロバイダを選択していくようにしましょう。かつては2社だけしか取り扱っていない状態でしたが、それから急速に対応しているプロバイダーが増えてきています。現在では10社近くのプロバイダから選択していくことができますので、乗り換えをしていきたい時にもauひかりを利用していくことができるでしょう。

auひかりを利用できるエリア

利用をする際には手続きをしっかりしなければなりませんが、auひかりを利用できないエリアがあることも知っておきましょう。そのためauひかりが実際に自宅などで利用することができるかどうかを判断するようにしてから申し込みを行ってください。場合によっては申し込みをしても意味がなくなってしまいます。

そして引っ越しをする時にも注意しないといけません。もしもプロバイダへ転居に関する手続きを忘れてしまった時には、引越しをそのまま行ってしまった際に新居にてインターネットを利用することができなくなってしまうだけでなく、料金についても旧居にて契約をしたままの状態での料金となってしまいます。何かと引越しを行う際には、色々な手続きが多くなってしまいますので、auひかりなどのプロバイダへの転居に関する手続きを忘れるケースが多くなってしまいます。

そこで引越しをいい機会にしてauひかりなどのプロバイダについて見直していくということも考えておかなければなりません。プロバイダは最初に契約をしたところから変えるということがないかもしれませんが、auひかりではエリアが変わって使えなくなってしまうということがありますので、見直しが必要になってしまうことがあります。今までADSLだったプロバイダを、auひかりなどの光ファイバーが使われるプロバイダに変更するパターンというのもありです。料金的にはADSLも光ファイバーも変わらなくなってきているので、高速通信を選択する際には光ファイバーを選択するのがいいでしょう。ただ料金やエリアについて理解をするのが大切となります。

auひかりの料金プラン

料金の内訳などを理解していくことによって、auひかりを活用するかどうか判断していくことができるでしょう。各プランで料金も大きく異なっていきますので、選んだプランが間違っていると失敗してしまうこともあるでしょう。

auひかりの月額利用料について見ていくと、まず2年契約のギガ得プランでは利用料込みという形で5200円となっています。これは標準のプランだと6300円になりますので注意しなければなりません。機器のレンタル代も含まれていたり、口座振替やクレジットカード登録によって生じる割引で料金が変更されることを理解しておきましょう。さらに窓口で支払うとなった時には月々250円かかってしまいます。

そんな中で電話との組み合わせでプランを活用していくものもありますので、しっかりと利用していきましょう。例えば電話とインターネットの組み合わせはauスマートバリューの適用対象となりますので、プロバイダの利用料と合わせて5700円になります。割引も適用されますので、長く活用していくことができるでしょう。

料金の中には初期費用もかかっていきます。初期費用は一括払いか分割払いを選択することができます。初期費用は工事費用も含まれていますが、一括払いで37500円、分割だと月々1250円の30回払いとなります。さらに登録料は別途800円かかりますので、詳細を最初に必ず確認をとっておきましょう。初期費用というのは一般的な工事によって算出されていますので、内容によって料金が異なっていく場合もあります。そして分割払いを途中解約した場合には、最後に請求した月に初期費用にかかる残額について一括請求されますので注意しましょう。

マンションのauひかりの料金

所有しているマンションに対して光ファイバーを導入していこうと検討する方も非常に多くなっていますが、auはauひかりマンションというサービスを提供していますので、プランを活用していきながら提供していくことになります。

このサービスは速くなっているのが魅力的で、インターネットなどでテレビ番組などを視聴していったり、ダウンロードしていきながら楽曲などを手に入れることができます。そしてフリーウェアを多くダウンロードしているという方も、決して通信で待たされていくということがありません。大容量の通信が可能となっていますので、会社の会議などの動画を配信していくことも可能となっています。そして光ファイバというのはADSLで問題視される電話局からの伝送距離といった立地で考えられる速度減退といったものがなく、導入した後で後悔をしてしまうことがありません。通信速度は一定でありながら、ADSLよりも高速で行われていきます。

回線別に見ていくと、マンションで活用できる通信はauひかりは活用できる通信手段の一つとなっています。auひかりのサービスの一つであるひかりoneというのは1Gで高速通信を行っていくことができます。他のプロバイダよりも高速で通信を行っていくことができるようになっているだけでなく、料金面でも格安になっています。

そんな中でauひかりをマンションの居住者が導入することができないというケースもあります。あらかじめauひかりなどの光ファイバーなどが敷設されているところがありますが、既に別のプロバイダーが回線を敷設しているのであれば、マンション居住者がauひかりを利用できないという事態も想定されるのです。しっかりと交渉しながら活用しましょう。

無線lanによるauひかり

色々なプロバイダからauひかりで利用できる無線lanが提供されていますので、事前に調査をしていきながら購入していくようにしましょう。常にインターネットで動画をチェックしたり、オンラインゲームを楽しんでいるような人にはお勧めといえるでしょう。近年youtubeなどで動画を見たい人が増えてきています。有線lanを利用して高速通信を行いたいと考えている人もいますが、なかなかケーブルが邪魔になってしまうケースもあります。ケーブルを足に引っ掛けてしまうことで通信が途絶えてしまったり、理想的な高速通信ができなくなってしまうというケースも出てきてしまいますので、無線lanを選ぶ際にも速度は気にしたいところです。

動画サイトで高画質の状態で動画を快適に楽しんでいきたい時には、どうしてもauひかりなどの光ファイバーを利用した回線が向いています。なかなか通信速度が遅くなってしまうADSLでは、動画を快適に楽しんでいくことができないものです。また近年ユーザが増えてきているオンラインゲームであったり、株やFXをデイトレードを行っている人も増えてきています。オンラインゲームというと、大量のデータが常に送受信を行っていますので、ADSL以上に高速の通信が必要となってきます。そんなニーズについて、光ファイバーならば問題なくオンラインゲームなどを楽しく快適に進めていくことができます。

さらに光ファイバーを利用していくと通信が非常に安定していきますので、株やFXといったデイトレードを行っていく時でも、快適に取引を進めていくことができます。auひかりを活用してオンラインゲームだったり、デイトレードを行いたいという人には、お勧めともいえるでしょう。

auひかりビジネス

中小企業などで利用できるauひかりビジネスは、低コストかつ高速でインターネットを活用することができます。さらに高品質な状態で利用することができるIP電話の接続できる環境を作ることができますので、これからオフィスで構築を検討しているという企業にとってはお勧めとなっています。auひかりビジネスでは光ファイバーを活用していく回線としており、KDDIが提供しているIPネットワークを利用していきます。

これをバックボーンとしていくことで、高品質な状態でIP電話を利用することができます。また送信や受信についても、auひかりビジネスでは最大で1ギガbpsという高速通信を実現することができます。よってクラウドサービスをこれから活用したいという時にも適しています。データ量が多くなってしまう時には、auひかりビジネスによってインターネットを活用していくといいでしょう。法人向けサービスとしても、auひかりビジネスは人気を集めています。

なおauひかりビジネスは名称が異なっていることもありますので注意しなければなりません。例えば沖縄県で展開されているサービスの名称は、auひかりちゅらビジネスとなり、中部圏ではサービス名称がauひかり ビジネス コミュファとなります。そしてauひかりビジネスはベストエフォートで通信が行われていきます。より良い状態を自動的に選択しながら通信を行っていくのが特徴的ですが、これはauひかりビジネスの契約内容に記載されている速度と異なるケースもあります。

技術規格の上で最大値となっており、実際に使用した時に利用される速度を提示しているものではないので、間違えないように契約書をチェックしていくようにしましょう。パソコンなどを利用している時には利用している環境や、回線状況などを把握していかなければなりません。auひかりビジネスに申し込んでも、通信速度が大きく低下してしまうケースもあります。

104の番号案内を利用したい時、auひかりビジネスは可能となっています。また料金も無料となっていますので、コスト面で気にする心配がありません。ハローページやタウンページなどへ掲載する時にも、auひかりビジネスで継続して利用することができますので、分からない時にはサポートへ確認してみるのもいいでしょう。配線工事費用は原則として無料となっていますが、屋内のみとなっています。auひかりビジネスを利用する際に回線事業者が行う工事について、負担額については現地調査を行ってもらった後で見積もるようにしてもらうといいでしょう。

auひかり電話

光ファイバーを利用した電話を可能としているのがauひかり電話です。このサービスというのはKDDIがリリースしているコンテンツデリバリーネットワークというサービスを利用しており、通話が高品質でありながら料金が格安な状態になっています。電話サービスとしても十分に利用することができます。auひかり電話は使っている電話番号や、電話機を利用していくことが可能となっています。

auひかり電話に申し込んでいくと、色々な特典がついてきます。その中でもポイントとなってくるのが基本料金です。auひかり電話に申し込むと、基本料金が安くなっていきます。一般的な電話サービスについて月額利用料を見ていくと、ネットサービスを利用する時にかかる月額利用料に500円たされるだけとなっています。これは別途ユニバーサルサービス料も追加されますので注意してください。しかしNTTの基本料金である1700円を支払っていく必要はありませんので、毎月1200円ほど得することになります。

またauひかり電話のサービスについては、1回線で最大で2つの契約を結ぶことができます。auひかり電話を2つ契約する時の料金は、月額で450円となっていきます。なおauひかり電話を利用する時にはスイッチングハブが必要となるので、しっかりと事前に用意をしておいてください。通話料が非常に安くなるauひかり電話を活用して、節約生活をしてみてもいいでしょう

さらにauの携帯電話やスマートフォンを持っている人はさらに得になります。それは携帯電話やスマートフォンの請求書とauひかりの請求書がひとまとめになります。これによって月額の基本料も100円割引になりますので、auひかり電話を申し込んで決して損することはないでしょう。またauひかり電話では他にも国内通話で非常に得するプランが用意されています。それがauまとめトークで、自宅へ携帯電話やスマートフォンで連絡をする時に、常に無料となります。

使い方は難しくありません。auひかり電話は現在加入しているNTTを利用してつなぐ電話で利用している電話番号や電話機をわざわざ買い換える必要はありません。ダイヤル方法も通常と同じように操作することができますので、auひかり電話で料金を安くしていくことができるのです。フリーダイヤルやフリーコール、さらにはテレドームなどもそのままauひかり電話で利用することができるため、経済的にも得していきます。

auひかりのキャンペーン

auひかりの公式キャンペーンとサイト限定のキャンペーンがありますので、両方見ておくと得します。最大で10万円以上割引が適用されるということなので、しっかりと見ておくようにしましょう。

公式キャンペーンを利用することによって、工事費用などが無料となります。自宅で楽しむホームタイプの時には、auひかりの月額料金より1250円割引となっていきます。内訳を見ていくとネットサービスについては750円、電話サービスは500円が2年半割引となります。マンションについてはネットのみで1250円が2年間割引となることを理解しておきましょう。割引について細かく見ていくとインターネットの割引料金だけでなく、インターネットを使う際に大切なウイルススキャンソフトであるマカフィーも月々500円割引になったり、スタッフがかけつけて対応を行ってくれるサービスや工事費用などが無料となります。

次にauスマートバリューですが、これはauのスマートフォンと一緒に活用していくことができます。auスマートバリューであれば、auひかりの月額料金以上の割引を受けることができるため、実質無料で利用をすることができるということもあります。というのも1人あたり1410円の割引が適用されますので、家族4人が全員auの対象となるスマートフォンを利用していると、5640円の割引が適用されます。したがって無料となるのです。電話についてもauまとめトークを利用することによって、携帯電話での通話料が無料となる仕組みになっています。

auひかりの公式サイトでも限定のサービスがあり、指定されたサービスを新規で申込みをした時に、最大で95000円のキャッシュバックを受けることができます。またauのiPhoneなどのスマートフォンを利用している時には、そのiPhoneなどのスマートフォンに対しても割引が適用されます。

基本的に光ファイバーというのはコストが高くなってしまうことが多々あります。特にあまりお金に対して余裕がないという方には、これらのプランがとても役に立っていくことでしょう。auひかりなどの光ファイバーというのは、月額でも軽く5000円以上してしまうことが多いため、どうしてもお金に余裕が持てないという人にとって、キャンペーンさーびすを活用していくことは、負担を解消していくことにつながっていきます。毎月の負担を確実に解消していくためにも、auひかりが提供しているキャンペーンをしっかりと活用していきましょう。

auひかりの解約方法

どうしても解約をしたい時には、オペレーターへ直接連絡を入れていくか、インターネットで申し込んでいくといった方法があります。auひかりでは解約について流れをホームページなどで紹介をしていますので、しっかりと内容を把握していかなければなりません。

そもそもauひかりなどの光ファイバーを利用したインターネットというのは、実際に申込みを行ってから開始することができるまで数ヶ月かかってしまうことがあります。プロバイダの乗り換えを行っている方であれば問題無いと感じてしまいますが、新規で申し込んでいこうとする時には、そうはいきません。利用開始するまでインターネットは接続できませんし、auひかりのサービス内容も開始してから満足できないと考えてしまうこともあるのです。

工事などで時間がかかってしまうと聞いただけで、契約を打ち切ろうと考えている人も少なからずいますので、安心して解約の手続きを進めていきましょう。auひかりだけでなく、プロバイダについて解約は難しいのかと不安になってしまうことがあります。現在利用しているプロバイダについて乗り換えていくために解約を検討している時には、プロバイダの解約が必要になっていきます。解約方法がプロバイダによって大きく異なっていきますので、しっかりと内容を把握していかなければなりません

メールアドレスだったり、プロバイダが提供しているホームページのスペースを活用している時には、当然ながら解約をしていくと使えなくなりますので注意しなければなりません。auひかりはメールアドレスが変わってしまいますので、プランを変更してauひかりを継続して契約をしている方も少なくありません。フリーメールであるYahooであったり、gmailなどを活用する方法もありますので、解約をする前に対処方法を検討していくといいでしょう。

auひかりを解約する際の違約金

auひかりは回線業者で手続きを行う方法が異なっていたり、解約違約金についても気をつけなければなりませんので、解約をこれから検討していくという時には把握しておかなければならないことが色々と出てきます。auひかりを解約していく時には、基本プランの中に記載されている、最低加入期間を守っているかをチェックしていきましょう。そこで到達していない時には違約金が発生してしまうことがあります。

この光ファイバーというのはNTTの回線収容局との距離については、影響が全くありませんので、気軽にインターネットを楽しむことができます。そのためNTTの局舎より自宅に到達するまでの距離がたとえ非常に離れていたとしても、自宅でADSLを利用した時のようなインターネットというのは考えられません。ADSLだと期待することができないことで悩んでいる時には、いっそのこと光ファイバーを利用していきたいところであり、料金プランも手ごろになっているauひかりがいいのかもしれません。このauひかりに契約をすれば、自宅でも高速でインターネットを行うことができるでしょう。

しかし高速のインターネットであるauひかりについて、どうしても解約をしなければならないという状況にも陥ってしまいます。そんな時には違約金が発生するのではと不安になるでしょう。金額はさほど高くなりませんので、契約期間が短くてもリスクになる確率は低いと考えていて問題ありません。しかし最初に契約をする時に違約金があることは認識をしておいてください

まず、速さが違うauひかりのスピードは、上りと下りで最大1Gps。これによって、大容量のインターネット接続が可能になりました。もちろん動画閲覧やダウンロードだってスイスイ可能です。更にauのスマートフォンや携帯を既にご利用中の方はauスマートバリューに加入することで通話料もお得になります。auユーザーに取っては申し分無いサービスです。

無線LAN機器のレンタルも行なってますので、Wi-Fi接続して家中でどこでもインターネット接続をすることも可能です。しかも、このauスマートバリューに加入する事で、無線LAN機器は無料でレンタル提供されます。まだまだメリットは沢山。接続スピードが高速になったにも関わらず、利用料金もADSL並みで利用出来るのです。まだauユーザーでADSLをご利用中の方は多いのでは無いでしょうか。ここまでのサービスぶりで、auひかりを使わない手は無いでしょう。

auひかりならどこのプロバイダーがいいのかとお悩みの人も多いはずです。ここではauひかりに限ってのお得情報を紹介します。断トツでいいという所がないのがauひかりの良いところでもあります。料金に関してはどこも同じです。ホームなら5460円、マンションなら3990円と変わりがありません。

あとはキャンペーンでお得なところを選ぶしかないですね。また、日頃のサービスの良い所を選びましょう。これはフレッツ光でも同じなのですが、サポートに関してはSo-netとDTIがいいです。そして、キャンペーンについてはSo-netが一番でしょうね。So-netはキャッシュバックが合計で4万円になります。これは最高ですね。また、割引もホームなら900円も割引されて4560円になります。これが31か月も続くのです。auスマホを持ってる方ならさらにお得なauスマートバリューがお得となってます。スマホの料金が割引されます。インターネット料金の節約をしようと思ったら、auひかりがいいと思いますよ。

auひかりへの乗り換えトラブル

例えば契約期間で発生する違約金に関するトラブルです。期間が短い時には違約金が発生してしまうことがあり、時期によっては高額になってしまいます。契約内容を把握しないで、数年契約をしているという事態になっている時には、お金に関するトラブルを招いてしまうことでしょう。そして工事期間についても考えていかなければなりません。工事を不要とするケースもありますので、プロバイダと相談をしていきながら判断をしていくといいでしょう。乗り換えていく際にトラブルを生じてしまうこともあります。

auを利用している方にとっては、auひかりというのは色々と料金などでメリットが生まれてきます。そして光ファイバー回線を利用していきますので、スピーディーにインターネットを利用していくことができるでしょう。これまでADSLを利用していたという方にとっては、そのスピードが満足できる内容になっていると感じてしまうかもしれません。コンテンツも充実していますので、auひかりに乗り換えてよかったと感じてしまうことでしょう。

多くのプロバイダがありますが、なかなかサービス内容に滿足できないと感じてしまう方も多いです。そしてブロードバンドが提供しているコンテンツについても、さらに欲しがってしまう人も多いです。そこでauひかりへ加入しているという方も少なくありません。

解約時に怖くなってしまうのが違約金です。auひかりなどのプロバイダを解約した時に発生する違約金を見ていくと、契約時に継続利用年数に関する項目を見ることができます。その期間未満でプロバイダを解約してしまうと、契約上で違反という扱いになってしまいます。これが違約金を発生させる要因となってしまいます。契約を行う時に、違約金などの約定をじっくりと読んでいくようにしていきましょう

auひかりお客様サポート

auひかりへこれから申し込もうと考えている時に、活用できるサポートサービスがauひかりお客様サポートです。色々な内容を聞くことができますが、auひかりに申し込む時に活用できるサポートサービスとなっています。問い合わせていく際にはauIDが必要となってきますので、ホームページで情報を把握していきましょう。

auひかりサポートを利用していく前に、インターネットの接続について色々と調べておくことも重要です。プロバイダは乗り換えていくことによって割安になっていくことがあります。新しくノートパソコンなどを購入した時に、家電量販店などからプロバイダを勧められることもあります。料金についても長期間契約をすることによって割安になるという点もあり、ついついプロバイダと契約することもあるでしょう。

しかし長い間利用していく中で、他のプロバイダが使いやすくなっているということもあります。それはauひかりでも同じことが言えます。ずっと同じプロバイダを付き合いなどによって利用しているというケースもありますが、回線事業者とも契約を結んでいくことによってインターネットは接続されていきます。で、料金だけでなく通信速度や回線事業者の工事内容が的確かどうかも判断していきましょう。

どうしてもプロバイダや回線事業者の契約内容が分からなくなってきた時には、請求書をじっくりと確認していくことが重要となってきます。プロバイダを利用していく時の料金について、回線事業者の料金が一緒になっているケースがあります。これだとプロバイダの手続きをするだけで対応は完了となります。契約について不安を感じることがあれば、プロバイダを提供している企業へ問い合わることも大事です。auひかりサポートへ問い合わせて、回答を待ってみるといいでしょう。

auひかりも現在主流となっている光ファイバーを活用しています。ISDNやADSLと比較をしていっても、光ファイバーを利用する方がスピーディにインターネットを利用することができます。これから新居でインターネットを利用したいという時には、新しく生活する地域で対応しているかも確認しながら決めていきましょう。料金を支払ってもインターネットが利用できないということもありますので、事前にサポートへ問い合わせをしていくのも方法の一つとなっています。auひかりお客様サポートで丁寧に教えてくれます。