プロバイダーの選び方

adslの速度と距離の関係

adslの通信速度や距離というのは、利用する場所やNTT交換局との距離そしてISDN回線から受けてしまう干渉などの影響によって大きく変わっていきますので、事前に調査をしっかりと行っていくことが大切になっていきます。距離や速度を測定していくには、最初にNTT交換局から利用をするところまでの距離を測定していきます。特性上で距離が遠くなるにつれて速度が大幅に低下をしてしまったり、adslが全く利用できないという事態にも陥ってしまいますので注意しなければ申し込んでもベストな状態で利用をすることができません。

それ以外にもadslの区間だけでなく周辺には電磁的なノイズが発生する源になっていることがあります。これは工場や放送局、鉄道そして幹線道路といったものがあり、それぞれ干渉を受けてしまうことがあります。そしてブリッジタップといわれる回線の分岐というのもあり、NTTの局舎より各宅間で使用されている電話回線の芯線が非常に細くなっていると、細いほどスピードが大幅に下がっていくことになります

プロバイダのホームページを見ていくと、ADSLというのは開通をした後で最大速度だったり接続の可能性について保証することができない、ベストエフォート型という形を採用しています。最大速度については、ADSLが理想的となる環境となっていて品質が非常にいい状態だと発揮されていきます。ただ状況によっては、回線業者によって速度について調整がかかることもありますので、しっかりと選んでいくことが大切になっていきます。

adslの速度を測定

サービスの利用について大切になってくるのが回線距離などの測定になります。測定によってはベストな状態でadslを利用できない可能性もありますので、業者にしっかりと確認していくことが大切になっていきます。adslというのは常にベストエフォートを計算していきながら提供されているサービスとなっています。これは該当するNTTの収容局より計算されていくadsl回線の距離や状況、そして利用していく環境の周辺にある様々な干渉をしてしまう状況によって、adslの最大速度が大きく変化してしまいます。業者はしっかりと計測を行っていきますので、参考にしながらプロバイダを選択していくのがいいでしょう。

adslの速度について見ていくと、申し込んだとしても自宅までの回線の種類が、adslに一切適さないという状態になっているとサービスを提供してもらうことができないというケースもあります。そして適合性の確認をたとえとれたとしても、設置をした後で必ず利用ができることや、速度を保証していくものではないということを理解しておきましょう。adslの通信方式では高周波帯域を活用していますので、自宅の配線や環境だったり、NTTの交換所と自宅間の実際の配線に利用されている距離だったり状況によって速度が低下してしまうこともあります。

その具体的な要因について見ていくと、まず自宅からNTTの交換局までに使用されている電話回線の距離がとても長くなっている場合にはNTTの交換局より自宅間まで使用されている電話回線の経路上で工場や放送局、鉄道や幹線道路などのノイズが発生してしまうことがあるので、速度が遅くなってしまうことがあります。そして回線の分岐が起こるブリッジタップが存在している時には、専用線だったりISDN回線による影響が少なからず発生していれば、自宅とNTTの交換所で使用されている電話回線が芯線が細かったりインターホンやドアホンなどといったものと電話回線を共用していれば遅くなってしまうことがあります。

adslというのは常にベストエフォートという形で提供されていることがありますので、時にはベストエフォートが相当遅くなって妥当であるという判断をされてしまうことがあります。回線の速度をしっかりと計測をしていくことによって理想的な回線状況を常に把握しておいて、次のプロバイダへ乗り換えを行っていくかどうかを判断していくといいでしょう。料金の差も大きくなることがありますので、常に環境の変化に合わせて変更をしていくのもベストと言えます。

adslの速度が遅い場合

ベストと言える状態でも、回線を取り巻く状況が変化していくことによって大きく遅くなってしまうことがありますので注意しなければなりません。そもそもadslの回線速度というのはベストエフォートとなっていますので、一概に遅くなってしまうということはありません。決して保証することができませんが、向上へつなげていく可能性を持っている方法がいくつか存在しています。

そもそもadslの速度というのはNTTの収容局より自宅などの設置先までに必要な距離だったり、利用する場所の周辺にある施設の環境などで変化していってしまいます。そのため回線を強いものにしていき、単独で利用をしていくことによって周囲の環境に左右されることなく高速にしていけるように使用をしていくことができます。

もしも回線の速度が遅くなってしまう時にはadslの設置先で試してほしい方法として、まず使用しているモデムの電源を何度か抜き差しする方法です。これはモデムを長時間利用している負荷がかかり続けている状態となってしまい、徐々に回線の速度が遅くなってしまう現象に見舞われることがあります。そこでモデムの電源を何度か抜き差ししていくことによって、クリアな状態として速度を上げていくことができます

そしてモデムの初期化をしていけるように再設定する方法もあります。これは初期化を進めていくことによって状態をクリアな状態にしていくことができるため、回線の速度を上げていくことができるでしょう。初期化については細心の注意を払っていかないと、保管していた重要なデータも失ってしまうことがありますので気をつけなければなりません。もう一つ初期化について確認をしていきたいのが配線です。配線は推奨でないという時には、可能な限り推奨している配線へ変えていくという方法を取り入れていくのもいいでしょう。

ルーターのタイプであるモデムを利用していく時に簡単に配線をしていきたいということもあるでしょう。そこで配線方法を見ていくと、自宅でモジュラージャックをいくつか利用しているという時には、単独で利用をしていけるように設定を変更してみてください。モデムとモジュラージャックを繋げていく経路の中で、何かしらのアダプタを取り付けているかチェックしていき、可能な限り外しておくようにしましょう。それでもadslの回線が遅くなってしまう時には、サービスを光ファイバーに変更するかどうかを検討していかなければなりません。

adslには速度制限がある

adslサービスを乗り換えた時に速度制限を見てしまうことがありますが、各サービスによって制限速度が変わっていくこともありますのでadsl同士でも大きく速度が変化してしまったり止まってしまうことがありますので注意しなければなりません。速度制限が行われる理由の一つに帯域調整があります。そもそも帯域調整を行うのはプロバイダとなっているのですが、実際に帯域調整を行っているのは、様々なadslを提供している業者なのです。普段利用している方が不利にならないように行っていますが、エリア単位で帯域調整を行っていますので、全く問題なくadslを利用していた方も、契約者が増えていくことによって迷惑を被ってしまうこともあります

速度低下というのはモデムの状態が悪くなってしまったり、電話線や保安器などの劣化そして他の電気製品より発せられるノイズなども大きな影響をもたらしてしまうことがあるので、これでさらに速度制限をかけられてしまうことがあります。プロバイダを乗り換えて行く時には、価格が安いからと安易にadslの乗り換えなどをしてしまうと失敗する確率もアップしてしまいます。またモデムなどの機器によってはadslのベストエフォートが大きく変化していくことがありますので、必ず業者などから申し込みをする前に自分が使っているモデムなどと比較をしていくようにしてください。もし比較をしないで安易に乗り換えて行くと、速度が大きく下がってしまったり、速度制限をかけられてしまいます。




ADSLのトップページ